2013年12月 ワイン頒布会|静岡市清水区の酒屋酒楽舎にしがや

2017年 酒楽舎店主がおすすめする静岡県の日本酒
HOME > 頒布会 > 2013年12月のワイン頒布会

2013年12月のワイン頒布会

12月のワイン頒布会は2010 マディラン ドメーヌ・モローピポリ アリアーニコ デル ヴルトゥーレをご用意いたしました。

2010 マディラン ドメーヌ・モロー

MADIRAN DOMAINE MOUREOU

産地:シュッド ウエスト地方
格付け・等級:マディランAC
使用ぶどう品種:タナ60%、カベルネソーヴィニョン20%、
          カベルネフラン20%
生産者:パトリック デュクルノー

通常販売価格:1,570円

シュッド ウエストとは南西地方という意味で、ボルドーよりも南側のスペイン国境に近い地区とボルドーの西側の地区です。

フランス南西部がボルドーの陰に隠れて軽視されがちなのは、「ボルドーが売り切れた後に市場に出されるワイン」という、ボルドー優遇政策の長い歴史のせいです。マイナーなイメージですが、歴史も古く、個性的なワインがたくさんあります。

近年、新技術を導入し、目覚しい品質の向上を成し遂げ、個性を打ち出しております。地域の特性としては摑み所がないのですが、フランスワインにしては珍しいほどに、慣習にとらわれない柔軟で、斬新な発想を駆使し、新しく素晴らしいスタイルを作り出しています。

この生産者は、荒々しいタンニン分を和らげる装置を開発し、色濃く、男性的なこの地区のワインになめらかな味わいを醸し出しました。
ここちよいタンニンがお楽しみいただけるワインです。

 

ワンポイント・アドバイス
  • そのままの温度でお楽しみいただけます。デカンタージュをすると、大変効果的です。
  • 色は濃い紫がかったルビーレッド、タンニン分はしっかりしていますが軟らかくこなれてなめらか、ラズベリーのような酸味も穏やかでフルーティーです。ビターチョコのようなコクとほのかな甘味も持っています。
  • 男性的なワインと表現され、スパイスやきのこに似た香りがあるので、そんな素材を使った料理を考えてみてください。
    まいたけやしめじ、えのきだけなどのたっぷりはいったスパゲッティーやグラタン。ジビエ・鴨肉にもよく合うとされています。

JSA認定ワインアドバイザー 酒楽舎にしがや 西ヶ谷里美

▲ページの先頭へ戻る

ピポリ アリアーニコ デル ヴルトゥーレ

PIPOLI AGLIANICO DEL VULTURE

赤・ミディアムボディー
イタリア産
産地:バジリカータ州
格付け・等級:DOC
使用ぶどう品種:アリアーニコ100%
生産者:ヴィニエティ デル ヴルト ゥーレ

ご注文・お問い合わせはこちらへ

バジリカータ州はイタリア半島をブーツに例えると土ふまずの部分です。
この地方でのブドウ栽培の歴史は古く、ギリシャから最初にブドウが導入された土地のひと つと言われており、小さな生産地ですが、いにしえの栄光を残しています。

Aglianico del Vulture(アリアニコ・デル・ヴルトゥレ)は、古くは王侯貴族の食卓を飾ったと言われています。ピエモンテ州のバローロと肩を並べる長熟ワインです。

現在は、ヴルトゥーレ農協が破産したため、ファルネーゼ社が出資をしてここのワイン造を行 っています。平均樹齢60年のアリアーニコから手摘みで収穫。ポテンシャルの高い葡萄だから長期熟成にも向くワインができます。

アリアニコ種は、「Aglianico」が、「ギリシャの」と言う意味の古語であることが示すように、ギリシャ人によって、紀元前7~6世紀にこの地にもたらされた大変長い歴史を持つ品種です。

やわらかくて濃厚。パワフルだが、ジャミーで甘酸っぱい果実味があり、飲みやすさもあり、まさにファルネーゼスタイルです。

ワンポイント・アドバイス
  • そのままの温度でお飲みください。
    長期熟成型ではありますが、現在でも十分おいしく召し上がれます。
  • イタリア料理にはもちろん。和食の惣菜とあわせても美味しくいただけます。
  • スミレ色がかった、濃縮した赤色。
    アタック(飲んだときの最初の印象)はソフト。親しみやすいまろやかな果実味。
    飲むほどにコクを感じるワインです。甘味を感じさせる豊かな果実味、スパイスやバニラの香りもあります。しっかりとした骨格、長い余韻が心地いいです。

JSA認定ワインアドバイザー 酒楽舎にしがや 西ヶ谷里美

▲ページの先頭へ戻る