2014年6月 日本酒頒布会|静岡市清水区の酒屋酒楽舎にしがや

2017年 酒楽舎店主がおすすめする静岡県の日本酒
HOME > 頒布会 > 2014年6月の日本酒頒布会

2014年6月の頒布会

6月の日本酒おまかせコースは 英君 夏吟醸 と 志太泉 吟醸 入魂 をご用意致します。

英君 夏吟醸

英君酒造 庵原郡由比町入山

【米】福井五百万石 精米歩合55%
【日本酒度】 +7
【酸度】 1.3
【ALC度】17~18%
【酵母】静岡酵母HD101

夏向きの日本酒は低アルコールのものが多い中、 この酒は
あえてALC度高めの原酒。 すっきりドライな飲み口で夏の暑さを
やわらげます。
食中酒としても、旬の食材ととてもよく合います。

蔵自体も、かなり山を上ったところにありますが、仕込み水は蔵からさらに3kmほど山 に入ったところにある桜野沢湧水を使用。現社長の祖父がその良質な仕込み水確保のため、 なんと、ひと山すべて購入!それをさらに、お酒を仕込む上で天敵となる鉄分を、徹底的に 除去して仕込み水としています。その口当たりのまろやかなこの仕込み水の風味を生かした 柔らかな酒質が持ち味です。県内でも自家精米にこだわる数少ない蔵です。「百人の飲み手のうち、英君を飲む人がたった一人しかいなくても、その一人を裏切らない酒を造ろうと努 力してきた」と社長。

ワンポイント・アドバイス
  • 冷やしておめしあがりいただくか、オンザロックがおすすめです。

酒楽舎にしがや 西ヶ谷里美

▲ページの先頭へ戻る

志太泉 純米吟醸 入魂

志太泉酒造 藤枝市 能登杜氏 西原光志

【米】兵庫県ひまわり農産山田錦 精米55%
【酵母】明利酵母 静岡酵母HD-1
【日本酒度】:+3.5 【酸度】1.5
【ALC】16度

兵庫県小野市「ひまわり農産」の松本氏の契約田の
特等 山田錦 使 用。

南アルプスに源をおく瀬戸川の清らかな伏流水(軟水)を仕込み水と使用し、酒造りの工程はすべて手作業で丹念に行っています。静岡タイプの吟醸をベースとしながら、より志太泉らしい、清冽な仕込み水と米の個性を活かした酒造りに挑戦しています。

志太泉の中では、例外的に、明利酵母で仕込む酒です。
華やかな林檎系の香りで あまく爽やかな味わいがあります。重量感のある甘みに隠れた酸は酒になじんでとても良いバランスです。

ワンポイント・アドバイス
  • 素材の新鮮さを活かす食べ物よりも、クリーム系等の乳製品のソースなどとの相性が良さそうです。
  • イタリアンやカマンベールチーズなどにいかがでしょう。

酒楽舎にしがや 西ヶ谷里美

▲ページの先頭へ戻る